AM3時半 外気温8℃


レシピメモ 白菜と鶏肉の甘辛煮

昨日の夕食はヘルシオホットクック で白菜と鶏肉の甘辛煮。まあ上出来。白菜やキャベツの無水調理ができるので週一以上で活用しております。なんと言っても楽チン。美味しくできてるかどうかは開けてみないとわかんなけど。いいよ。そこそこ出来ちゃうのでよく使うフライパンが面倒に思えてきます。コツは出来上がったらすぐにお鍋や蓋を洗っちゃうことかも。熱いうちに洗えば楽に終了します。
白菜は出来上がると半分水になってちょっぴりになってる。ホットクック では蓋をせんとならんのでそう沢山は放り込めない。詰め込むと混ぜ技ユニットが壊れそうな気もするし。仕方がないね。

  • 鶏もも肉:1枚
  • オリーブオイル:フライパンに敷く量
  • 白菜:1/2〜1/4位
  • しめじ、えのきなど残り物を適当に。
  • 人参:1本
  • 大根:10センチくらい
  • 野菜類は季節によってはキャベツやじゃがいもや玉ねぎで大丈夫。適当です。

◆調味料;混ぜてから入れる。(お玉1≒大さじ3)

  • 酒:お玉0.5とフランぺ用
  • しょうゆ:お玉1
  • みりん:お玉1
  • 砂糖:大さじ2
  • トマトケチャップ:小さじ1
  • フライパンにオリーブオイルを入れて限界まで熱します。
  • 鶏肉は切らずに調理後にハサミで切る。
  • 皮を下にして、強火で濃い目の焼き色がつくまで焼きます。油飛びます。ひっくり返して、フライパンの温度が上がったらお酒を回し入れ。フランぺです。お酒がなくなったら火を止める。

鍋に入れる

  • 最初に、人参は輪切りかイチョウで5〜ミリくらい。大根は15ミリくらい、白菜をざく切り。他の種類の野菜やキノコ類あればどんどん入れましょう。調味料は内鍋いっぱいくらいの分量です。野菜がちょっとしかない場合は調味料を減らして大丈夫。
  • 野菜を鍋に入れます。分量は他のものを入れてちょうど良くなるくらいで調節してください。
  • 鶏肉を入れます。
  • すべての調味料を入れます。混ぜ技ユニットは動かないようなので調味料は器で先に混ぜた方がいいです。
  • 混ぜ技ユニット外す。メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → 調理NO.「375」(鶏のふっくらつや煮)  →  調理を開始する → ス タート
  • 30分ほどで完成。

沢山水分が出て残ります。栄養豊富なので水や調味料を足してうどんや雑炊で召し上がってください。めんつゆのような味になります。

暖房を始める前の温度は放射温度計によれば
外気温8℃
室内温度は
1階の床19~22℃
1階18〜20℃
燃料投入後10時間。
天気雨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。