IRO HAUSデザインフリーカーポート誕生

デザインフリー

住宅に合わせてカーポートをコーディネート

石目調 木目調 タイル調など。

本物の素材も選べます。

南欧風なら住まいとお庭とカーポートとを南欧風にすれば、とてもおしゃれにできます。

プレミアムなエントランス

高級マンションのような高級感漂うアプローチ空間です。

センサー付き照明によるウェルカムライティング

愛車と住まいをプレミアムに演出します

 

美しい外観

構造材や屋根の裏面を見せない美しい外観

 

3台用アルミカーポートは防火制限により金属屋根のため倉庫のようで、せっかくの住宅のデザインを損ねています。

もっと見る

価格 技術 規制緩和

新木質工法

• 木材の柱と屋根だけの構造(特許工法)。

安価で安定した強度を実現しました。

構造用木材に直に留めつけられる良質の仕上げ材の、美観と耐久性と経済性を兼ね備えたカーポートです。

• 2014年、9請求項が特許査定となりました。

 

デザインフリーカーポートの価格目安 規制緩和

• 125万円/1台 (基礎含む 税別 書類別 舗装なし) から

ハウスメーカー 工務店様 愛知県外向けに構造体のみのプランをご用意しております。

75万円/1台(基礎別、建方含む(野地合板まで))から

 

メンテナンス

住宅と同じ造りなので、住宅と同時に同じ業者で済ませられます。

 

カーポートの規制緩和

• カーポートは優遇されています。
• 固定資産税原則非課税(3面開放)
建築面積約1/2緩和 (柱間隔2M以上の部分)
• 上限は50m2まで(3台用まで)

デザインフリーカーポートの強さの訳

• 数本の木材を金具で束ねて1本にします。木材を金具で連結して高い強度を得ます。

_

柱の根元

• 金物をコンクリートに埋めた造りです。木材は防腐土台を介して耐久性を高めます。

コンクリートは建方後だから短工期。新築住宅の足場が取れてから引渡しまでの短い期間での完成ができます。

_

要の接合支点は鋼板を噛合

鋼板だけではひねって壊れるので強度がありませんが、木材で鋼板を覆うことでひねっても壊れません。高い強度を無理なく実現しました。

_

あえて細いビスで固定

• ボルトによる固定はめり込みで、徐々にがたついて安定性を失います。
• 多数の小径ビスを使えば手間は少し増えますが、力が分散されるのでガタつくことなく長期間安定します。

また多数の小径ビスで木材を強く締め付けるので大きな摩擦力があります。そのため粘ります。

摩擦で粘るので制震ダンパーは不要。すっきりしたデザインです。

_

あえて金物を上下2枚に分ける

• 1枚の金物を分ければ当然強度は下がります。ところが金物を上下から挟む形になるので逆に強度を高められました。逆転の発想です。

金物を上下に分けたことで2方向ラーメン構造の施工手順を合理的に解決しています。鉄骨構造を参考にしない独特な形状こそイノベーションです。
※2方向ラーメンは柱だけで安定した強度の構造物です。1方向ラーメンは門型の構造体を並列した構造です。柱だけでは安定しませんがシンプルな構造で広い空間を実現できます。

_

• 受賞作の住宅は15年経過しましたが全く不具合がありません。15年前の実施例としては極めて優れた成果です。
• 当時は多数の小径ビスを使えば人件費が増えるんだから馬鹿げているとまず最初に言われ価値はないものとされました。木質構造は現在でもボルトを使った技術で開発されています。でも現在なおブレークスルーは起きておらず、木造で筋交いをなくすことができないまま15年も経ってしまいました。テクノロジーは急速に進化しているのに木造は今も昔ながらの在来工法で、次世代の木造技術は見出せていません。

<筋交い(壁)のない次世代木造技術は必要です。>

在来工法は筋交い(壁)をバランスよく配置することで住宅を横揺れから守ることができますが、間取りと強度が関係を持つことになります。つまり実情は強度ギリギリです。お客様とビルダーの会話ではここまでは大丈夫という説明が繰り返されます。レッドではないがイエローです。

でも筋交い(壁)がなくても強度が保てれば、間取りと強度には相関がなく、どんな間取りでも強度は低下しません。リフォームで間取りを変更しても強度に大きな影響はありません。

柱だけで強度を維持するのはコスト増になります。そのコスト増加に社会のコンセンサスが得られるかが課題です。鉄骨構造も同じ過程をたどってきています。

熊本地震で在来工法の限界は明らかになっています。震度7に耐える在来木造住宅にするためには快適さよりも構造強度を優先する設計が必要です。

 

間取りの自由さこそ在来工法からの進化です。

<本物のサステナブルの実現します。>

サステナブルとは、持続性です。詳しくはブログなどでご説明します。

住宅におけるサステナブルはスケルトンインフィルの実現だと考えます。

スケルトンインフィルとは、内装と構造を分離した手法です。マンションのリフォームの様に、前の住まい手とは縁のない人が自分の好み合わせて作り替える手法です。木造住宅で建設した世代とは価値観も収入も生活様式も全く異なる次の世代の若い人たちがその建物を解体せずに全く新しい建物に作り変えることです。

それを実現できれば、街中から解体工事の件数を減らして、エネルギーの消費を減らし、森林消費も減らせます。

この仕組みこそ、我々が実現しなければならないサステナブルです。

建物を少し頑丈にした行政が取り組んでいる100年住宅ではナンセンスです。間取りの変更すら自由にならない住宅に100年後の価値は大幅に減少しているはずです。補助金受けて解体するだけです。

必要なのは、次の世代の人が自由に作り変えて、何も我慢することなく豊かな生活を送ることができるスケルトンインフィル構造です。

 

Do you want to…

Take some time and meet our Employees?

...or maybe see some Facts about us?

Our team

Projects
98
Coffee cups
421
Customers
814
Awards
221

温風 コンクリート蓄熱式床暖房(特許)

IRO HAUSは他に例のない、薪が燃料の床暖房

つまり、薪だけで家全体を温められる快適システム

薪はタダだし、カーボンニュートラルだからじゃんじゃん燃やして気持ちも体もあったか。

熱を床に蓄えるから翌朝も暖かい 離れた所も温かい

 

温風 薪 床暖房

床暖は快適

朝まで寝そべってしまいます。

床暖房は家全体を温めるので燃料の使用量は多め

でも薪が燃料なら太古のカーボン浪費とは関係しません。

快楽を十分に味わっても温暖化にはなりません。

でも労力は必要。それも楽しみ。

 

 

温暖化しない薪ストーブ床暖房

薪ストーブは高火力ですが火力は持続しません。

足元は温められません。

IRO HAUSは、薪ストーブの熱を床に蓄えてゆっくり放熱し、足元を温めます。

薪ストーブを補完するいい関係

床暖房と薪ストーブはいい関係

温風で基礎コンクリートを蓄熱体として利用する、

ローコスト

シンプル

低維持費

快適

安全

な住宅にふさわしいシンプルな床暖房です。

耐久性を求められるのは低価格なファンだけです。

ローコスト 快適 安全

薪ストーブとガス床暖房の同時設置は費用、手間とメリットなく無理があります。

床暖なら薪ストーブ床暖房。

 

 

さあ、薪ストーブ床暖房‼︎

Who we are?

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent finibus enim ac quam pretium, vel tempor est laoreet. Curabitur consequat, nisi nec convallis viverra, sem turpis iaculis ex, ut mollis lorem elit a nulla.

  • Quisque ultricies ex eu ligula
  • Ut gravida tortor ut felis varius
  • Lorem ipsum dolor sit amet
  • Quisque ultricies ex eu ligula
Design
87%
Development
93%
Photography
77%
Strategy
82%

WANT TO KNOW MORE ABOUT OUR COMPANY? CURIOUS WHAT ELSE WE DO?

About us

日経BP※日経アーキテクチュア主催第1回木質建築空間デザインコンテスト住宅部門 特別賞 受賞

「木材を使った単層ラチスアーチシェル構造屋根」特許取得

日本木青連主催 第9回木材活用コンクール 木造建築・構造物・努力賞 受賞

「特許第5650383号 多段組子接合軸組」特許取得

「特許第5650412号 薪ストーブと蓄熱性基礎構造体による住宅用冷暖房」特許取得

既存住宅検査業務(既存住宅現況検査技術者)5年にわたり大手不動産会社様仲介物件を多数検査。宅建業法改正に対応いたします。お電話にて料金などご相談ください。

Latest news

ジャレドダイアモンド博士 「人の秘密」

ジャレドダイヤモンド博士 「人の秘密」 人類の歩みから人の不思議について議論し、この先の未来に対して意見する。 […]

サルカニ合戦

昔話法廷のサルカニ合戦を見る サルカニ合戦ではドラマと判決を見て随分感情移入しました。 裁判は量刑が争点です。 […]

ニュースをすべて見る